現在表示しているページの位置
HOME
合格体験記

合格体験記

お茶の水女子大学 理学部情報科学学科/東京理科大学 理工学部情報科学科 合格

S.Hさん(東京学芸大学附属高等学校)

BeEXは私にとって第2の家でした。信頼できる先生方がいて、切磋琢磨できる友達がいて。受験というものは多くの人にとって辛く苦しいものだと思います。それでも最後まで頑張り続けることができたのは、BeEXのおかげだと思っています。私は高1から数学と英語の授業を受けていました。数学では、ただ定理や公式を教えるだけでなく、全ての分野につながるような根っこの部分から教えていただき、まるで世界が違ったようでした。苦手意識はなかなか消えませんでしたが、心から面白いと思えました。英語は基礎となる語法からみっちり教えていただきました。はじめは、こんなに覚える必要があるのか、全部覚えられるわけがないと思っていましたが、これまで何度暗記に感謝したか分からないほど、英文を読む上では必要不可欠なものでした。試験本番では、一番の得点源になっていたと思います。また、この受験で切に感じたのは、予習・復習が何よりも大事だということです。恥ずかしい話、私はあまりガツガツと勉強をする方ではありませんでしたが、予習、特に復習は欠かさずやっていました。それが合格につながっていると私は思います。BeEXでは数多くのことを学ばせていただきました。本当にありがとうございました。

東北大学 農学部/明治大学 農学部農学科/東京農業大学 農学部生物資源開発学科/北里大学 獣医学部獣医学科 合格

K.Hさん(都立H高等学校)

BeEXには大変お世話になりました。特に私は数学が大の苦手科目で、入塾した当初は問題を理解しないまま解答を丸暗記してその場をしのいでいました。しかし、中村先生の数学の授業では、ただ問題を解いてみせるだけでなく、数学という学問の本質から教えてくださったので、私はのこの1年間で数学への苦手意識をかなり払拭することができました。また、テーマごとに問題への取り組み方を繰り返し教わったおかげで、初見で解ける問題も少しずつ増え、本番の入試でも教わったことにかなり助けてもらいました。BeEXに通ってたくさんのことを学ばせていただきました。この経験を生かし、これからも努力していきたいと思っています。ありがとうございました。

東京学芸大学 教育学部初等教育教員養成課程(A類)音楽専修/立教大学 文学部教育学科/青山学院大学 教育人間科学部教育学科/文教大学 教育学部学校教育課程 合格

I.Aさん(新宿高等学校)

私が受験で勝つために重要だと感じたことは、ふたつあります。ひとつは、能動的に勉強することです。例えば、授業の予習。学校でも塾でも、その日の授業の質を決めるのは先生ではなく、自分です。予習をすれば、どんなに考えても理解できないところが見つかるはずです。それが授業でわかった、解決したとき、嬉しくなりませんか?そして、授業を受けても分からないところは質問。私は日本史と英語の授業後は、必ずと言っても良いほど質問しました。曖昧なところを消し、腑に落ちるまで理解し尽くす。こうすることで、本当に復習が楽になり、自然と暗記するスピードも上がります。自分で手に入れた知識で問題が解ければ、もっと勉強が楽しくなりませんか?ふたつめは、自分の弱点と向き合うことです。私は数学が大の苦手でした。そこで、数学はBeEXの授業を受け、分野ごとに固めていきました。同じ分野の問題を繰り返し解くことで、時間はかかっても確実に体が覚えていきます。はじめから苦手意識のある教科は、「いくら勉強しても無理だ!」と投げ出したくなってしまいますが、冷静に自分の弱点を潰していくことが一番の近道です。BeEXの先生に迷惑をかけていた数学でしたが、センターでは9割得点することができました。試験の直前まで弱点と向き合い続けてください。最後に、毎日夜10時まで自習室を開放してくださり、私が不安で不安で焦ってしまったときも、話を聞いてくださったBeEXの先生方には感謝してもしきれません。こんなにも生徒の事を真剣に考え、授業時間外もコミュニケーションを大事にしてくださる先生方は、他にはいないと思います。改めて、4年間本当にありがとうございました。

山梨大学 工学部機械工学科/法政大学 理工学部機械工学科 合格

平野 治人さん(昭和第一高等学校)

「35.1」これは私が高1の一番最初の河合塾の模試で出した英語の偏差値です。この時は、前置詞のofの意味すら分かっていませんでした。しかし、この予備校に入って変わりました。BeEXに入塾したのは高1の3学期頃です。特に英語力が上がったのは、構文の授業と音読でした。構文をやったおかげで、今まで読めなかった長文が読めるようになり、同時に音読したことで読む速度も上がりました。その甲斐あって、高2のセンター同日模試では115点、本番では179点を取ることができました。また、もともと得意だった数学も、三浦先生、本間先生、中村先生の授業を通して、理解があいまいだったところを無くし、スキルアップできました。最後に、一番辛かったことは、成績が上がらないときでした。そんな時でも、とにかく問題を解き続けることを意識しました。

早稲田大学 人間科学部人間環境科学科/上智大学 総合人間科学部社会学科/明治大学 情報コミュニケーション学部情報コミュニケーション学科/立教大学 社会学部メディア社会学科/明治学院大学 社会学部社会学科/東洋大学 社会学部メディアコミュニケーション学科 合格

豊田 理菜さん(順天高等学校)

私が受験を通して感じたことは、努力の積み重ねが大事、ということです。普段の学校の授業をちゃんと聞き、定期テスト対策もしっかりし、学習習慣を身につけることが大切だと思います。私は国語がずっと苦手でしたが、BeEXの授業を受け、予習・復習も欠かさず、大学の過去問を何年分も解くことで、だんだん正答率も上がってきました。また、8月上旬まで部活があり、部活との両立はとても大変でしたが、夏休みや冬休みは朝早く起き、特に冬の直前期は1日14時間を目標に勉強していました。こうした毎日の積み重ねが、大学合格につながっていったと私は思います。また、第一志望の大学をはっきり決めるのは大事だと思います。私は最初国公立大学が第一志望でしたが、途中で早稲田大学に変更しました。センター対策としてやってきた数学や理科を無駄にしたくないという思いもあり、国公立大学も第2志望として受験しました。しかし、国公立に行きたいという思いは弱く、それがセンターの結果にも現れ、理科では史上最低点を出してしまいました。その時思ったのが、最初からきっぱり私立大学に絞っていれば、もっと対策ができたのではないか、他の学部も合格できたのではないかということです。この大学に合格したい!という気持ちが強ければ、その分努力しようという気持ちも強くなり、やる気も出ると思います。受験勉強は大変で、やめたくなるときが何回もありますが、親や学校の先生、BeEXの先生やライバルである友達など、支えてくれる人々がたくさんいるからこそ頑張れることもあります。終わってから後悔するのではなく、自分はもうこんなに勉強したという自信を持って頑張ってください。

立教大学 社会学部社会学科/立教大学 コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科/学習院大学 法学部法学科/獨協大学 経済学部経営学科 合格

大森 雅斗さん(江戸川高校)

BeEXに入塾したのは高校1年生の冬でした。その時は学校のテストで320人中280位と、大学受験どころではありませんでした。しかし、そこから塾にいるときはしっかり勉強しようと思い、定期テスト対策にも毎回参加して、定期テストでも点が取れるようになりました。本格的に受験勉強を始めたのは2年生の冬で、その頃は受験生が苦手とすることが多い英語と古典をやっていました。学校の皆が本格的に勉強を始める3年の6月あたりにはとっくに勉強習慣を身につけることができました。自分は立教大学に行きたかったので、過去問を26年分やり、復習も怠りませんでした。自分が第一志望に合格できたのは、復習、音読をしっかりやったからだと思います。

首都大学東京 法学部法学科/早稲田大学 文学部文学科/明治大学 法学部法律学/中央大学 法学部国際企業学科/中央大学 法学部政治学科/中央大学 法学部法律学科/法政大学 法学部法律学科/日本大学 法学科法律学科 合格

中西 凜太郎さん(小松川高校)

受験はチーム戦です。ここであえて団体という言葉を使わなかったのは、団体には大人数のイメージがついているからです。たとえば、美術館等の団体割引はだいたい10~20人以上の集団に適用されます。つまりここで言いたいのは、受験は「みんなで」ではなく、「仲の良い友達数名」と戦うものだということです。そういった友達と一緒に休憩し、取りとめのないことを話している時間は、受験勉強のストレスで時には苛立ち、オーバーヒートしそうになりながら机に向かう受験生にとって、かけがえのないものです。皆さんもぜひ、BeEXの中で友達を作るか、友達をBeEXに誘って、自分だけのチームを作り上げてチーム戦いましょう。

明治大学 情報コミュニケーション学部情報コミュニケーション学科/明治大学 文学部史学地理学科/武蔵大学 社会学部メディア社会学科/立教大学 文学部史学科/法政大学 文学部史学科 合格

K.Mさん(広尾学園高等学校)

私は高2になるまでずっと勉強をする意義を感じられず、やる気の出ないまま勉強を疎かにしており、そのことに危機感を覚え入塾しました。入塾して初めて受けたのは英文解釈の授業です。最初は難しかったものの、徐々に和訳が楽しくなってきて、もっと綺麗な和訳を作りたいと思うようになりました。それに伴い文法や構造を覚えることに熱心になり、受験本番へ通ずる英語の基礎的な知識を身に付けることができました。 嫌いな英語に対してこのようなプラスの感情を抱けたのは驚きであり、嫌いを好きに変えられたという点でよい経験でした。以前は、大学受験は入試以外には必要ないことばかり学ぶもので、入試のためだけに勉強していれば良いのだと思っていました。たしかに、受験以外ではあまり使わない知識は多いです。しかしだからと言って、受験で学ぶ知識に意味が無いとは思いませんし、受験自体に志望校合格以外に得られるものが無いとも思いません。受験生の間、苦しいこともあります。そんな時、どう乗り越えるのか。それを考えるとき、自分と向き合うことになり、自分自身への理解を深めたり、その自分を支えてくれる他者の存在の有難さに気付いたりします。受験はこのように、自身や周囲に目を向け、向き合える良い機会だと思います。また、受験で身に付けた知識は、日常生活で直接使わないにしても、自分を豊かにする糧になると思います。受験勉強では、ただひたすら暗記したり、問題を解いたりすることが多いです。実際それは必要なことではあります。しかし、ただそれらをこなすだけでなく、その中で興味のあることや疑問に思うこと、気になることを見つけ、その分野や科目に対して、学ぶ意義を自分なりに感じられたら、受験が終わった後に志望校の合否結果とはまた別の、今後の糧となるものが得られると思いました。

目からウロコの「BeEXメソッド」を体験!
いろいろ選べる無料体験入学!

詳細・お申し込みはこちら

Webからの資料請求・お問合わせはこちらから
詳しい資料をお送りします。

資料請求・お問合わせ

上野校(大学受験総合個別指導コース併設)

  • 住所:台東区上野7-9-4
  • TEL:03-5806-1147
校舎ページへ

亀戸校(大学受験総合個別指導コース併設)

  • 住所:江東区亀戸6-56-15
  • TEL:03-5628-3755
校舎ページへ

大宮西口教室(大学受験総合個別指導コース併設)

  • 住所:さいたま市大宮区桜木町1-160
  • TEL:048-643-7271
校舎ページへ

春日部東口教室(大学受験総合個別指導コース併設)

  • 住所:春日部市粕壁1-1-2
  • TEL:048-763-4471
校舎ページへ

南越谷教室(大学受験総合個別指導コース併設)

  • 住所:越谷市南越谷2-2-12コアーズビル3F
  • TEL:048-962-3541
校舎ページへ